上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
D3C_5611.jpg

元旦の朝、4時に目が覚める。
起きたからには、あの山に登らなくては・・・(今年も行き当たりばったりなのか)
目指すは虚空蔵山、標高194.2m。地域では「おだいっさん」の名前で親しまれている。

D3C_5617.jpg


6時頂上着。西の方向は高松の明かりまでよく見える。
香川の山はお椀を伏せたようでかわいらしい。


D3C_5632.jpg


6時46分
空が焼けてきた、日の出は近い。
しかし、他には誰も登ってこない。


D3C_5651.jpg


7時15分
5人の登山者と一緒に御来光を迎える。
遅くなりましたが、今年もよろしくおねがいします。


D3C_5661.jpg


虚空蔵山(御大師山)はミニ四国八十八ヶ所になっており、石仏やお堂が点在している。
木村さんが元旦の朝にお餅やお花を供えて回っている。
おまつり広場では登山者にお酒やおでんがふるまわれる。

D3C_5662.jpg


なだらかに見えても勾配が急な箇所もあり、三脚を担いで登るのはちょっと怖い。


D3C_5669.jpg


年明け早々肩にあざが・・・
今年は三脚を担いだくらいで青あざのできない丈夫な肩を作らねばと思ったことです。





スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル : 地域情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。